集客

PDCA

pdcaのヘッド画像 集客

PDCAが売上げアップを爆走させる

マーケティングのなかでよく耳にするのが「PDCAを回す」という言葉。
でも、本当にPDCAを理解していますか?

PDCAを理解すると、利益は確実に跳ね上がります。

ビジネスにおけるPDCAの強力なパワーをお伝えします。

PDCAとは

P/product企画とか設計などの意味として使います。事業の企画段階がP。

D/do行動とか実際の業務の意味です。

C/check,see分析の意味で使います。

A/action改善段階がA。

pdcaイラスト画像

事業はPDCAの順番で行ってゆきます。
1つ1つの工程を丁寧に分析→改善を繰り返しながら、まるで売上げが螺旋階段を上ってゆくように事業を行うことがPDCAを回すことになります。

このPDCAを回しながら事業を運営してゆくと、利益は爆走的に跳ね上がってゆくのです。

PDCAがビジネスの売上げを爆走させる理由

PDCAの威力はとても強力です。
PDCAを回すことで、あなたのビジネスのクオリティは急速に上昇してゆきます。
なぜなら、

  • 事業内容の各プロセスを明確化させ、その1つ1つにPDCAを当てはめるからチェック→改善を各プロセスに於いて繰り返せる
  • D(Do)の業務進行にPDCAを回すことで常にクオリティ向上してゆける
  • タスク的に事業内容を進行させるからムラが出ない

これらのパワーは凄いです。

PDCAの事例

例えば、チラシ制作でPDCAを回してみましょう。

チラシ制作のプロセスを紹介すると、

①契約後の企画立案

②制作

③納品

④成果への調査分析

となります。

各プロセスにPDCAを当てはめてゆく

P

①契約後の企画

D

②制作・③納品

C

④成果後の調査分析

A

⑤改善案をデータベース化

となります。
一つ一つ見てゆきましょう。

Cから始まるPDCA

なぜ、Pから始まらないのか? と思われるかもしれません。
PDCAは改善の繰り返しでクオリティーを上げてゆきます。
ですのでPDCAは、結果が出た後からがスタートなのです。

チラシ制作にPDCAを当てはめると、D(Do)の制作・納品後にC(check)、つまり結果の調査分析を行い、改善案を提案して次回のチラシ制作へと繋げてゆきます。

チラシを納品したら終わり、
では今回のチラシ制作の良し悪しや反省点が分かりません。
一方、PDCAのC(check)調査分析を行うと、

今回のチラシ制作は
どこが
どんな風に
良かったのか。また、悪かったのか
などが明確になります。

A|改善案が次回の売上げアップの決め手

Cの調査分析で、今回のチラシ制作の
どこが、
どんな風に、
良かったのか。また、悪かったのか?
が明確化しました。

次は、その分析結果を元に、

「じゃあ、次回はどんな改善したチラシを制作したらよいのか
というPDCAのA(action)改善案の提出に進みます。

チラシ制作の場合は改善案をデータベース化しておいて、次回の制作時期に活かします。
なぜなら、チラシを制作する場合は、次回の制作までに期間が空くので、このようなデータベース化が必要になってくるからです。

P|次回の企画は前回よりもグレードアップしている

つまり、次回のチラシ制作では企画段階ですでに、改善案があります。
この改善案を元に今回のチラシ制作の企画立案を行います。

その企画立案はPDCAを回していない案よりも、数倍グレードアップされたものになっていることはいうまでもありません。(もちろん、PDCAの内容次第ではありますが・・・)

D|制作内容自体をPDCA化

チラシ制作のクリエイティブ自体は、いつもと変わらないというのではなく、
制作内容についてもPDCAを回します。

方法は全体のPDCA化と同じ
各工程をまず書き出す。

①コピーライティング→P
②トンマナ決定→P
③モチーフ決定→P
④色見決定→P
⑤フォント決定→P
⑥全体のデザイン案→P
⑦制作→D
⑧校正・修正→D
⑨校了→D
⑩制作業務の確認とミーティング→C・A
など、デザイン制作工程は煩雑で仕事量が多いものです。

制作に於いてPDCAを回すことで、業務はタスク化してゆきます。

一見、クリエイティブな感性がそがれそうですが、PDCAを回すことの方が、仕上がりの精度は向上します。

pdca図のイメージ画像

「トータル」に「各業務」にPDCAで事業のグレードが爆速アップする

PDCAを回すことで事業内容がグレードアップすることは、理解できましたでしょうか。
一度やってみる 仕事内容を振り返ってみて 分析 改善 次回の企画

という感じで回す仕事内容は、常に上へ上へと向上してゆきます。
ちょっと最初は大変かもしれません。

慣れるまで、忘れがちにもなりますが、あまりキッチリとせずに、
仕事をテスト感覚で進められれば、楽しく進められるかもしれません。

PDCAで制作するチラシやLPをご希望の方はこちらのお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。

プライバシーポリシー

このサイトはSSL暗号化技術に対応しています。