事例広告

事例広告が売れる理由イメージ画像 集客

新規の顧客獲得法人向け営業で悩み多い『士業』の方へ

成功する集客法|セールス不要、法人営業ツール<事例広告>

「営業しなくても」「広告宣伝をしなくても」クライアントを増やす方法があります

★行政書士が個人営業で事例広告を使い2,200万円の売上げを達成

★試食や試着など試すことが出来ない無形で、且つ高額サービスにこそ効果がある

★事例広告で成果を上げるためには多くをしゃべり過ぎると逆効果

何故?!「事例」が売上げや新規顧客獲得に効果があるのか?

クライアントの推薦

自己宣伝の広告ではなく、あなたのクライアントの「生の声」「表情」を伝えることで、検討中の方が気になるポイントがわかり不安解消に繋がります。

 
 

営業トーク必要なし

営業アポ取りの電話苦手な方にはおすすめのツール。
セールス・スキルやクロージングテクニックは一切必要なしです。
ただ、A4サイズの「事例」2~3枚を渡すだけの法人営業です。

「強み」がわかる

我々(ワイアドプラス)が御社のクライアントを取材させて頂きます。
ただの取材ではなく、選ばれる理由(他社との違い、強み)を独自の手法で聞き出し明確にします。
 

「事例広告」とは

ワイアドプラスでは「事例広告(村中明彦氏考案の手法)」に基づいて現場取材から制作までの一気通貫して行っています。


事例広告2イメージ画像
事例広告書籍1イメージ画像

著者紹介

顧客事例の専門会社
カスタマワイズ

代表取締役 村中明彦氏

良い製品とは、昨日や性能が優れている製品ではなく、多くの人に役立っている製品のことだと考えます。お客様事例は、そのことを、今のお客さまの声を通じて、次のお客さまに伝えるためのやり方です。
(株式会社カスタマワイズCUSTOMERWISEホームページより引用)
https://www.customerwise.jp/companyB.asp

事例広告は、チラシやDMのような広告宣伝でなく、クライアントお客さんからの推薦状のようなものです。
『生の声』『表情』を載せることによってより伝わります。

「事例広告」より
https://www.zeijimu.com/jirei/kouei-medical.htmlより

日本の「事例広告の第一人者」である村中明彦さんのメソッドに基づき、細かい現場取材から「選ばれる理由」、そして信頼を裏付けるクライアントの「生の声」「表情」「A4」サイズ2~3枚にまとめたものです。
新規開拓法人営業に活かすことができます。

ワイアドプラスがつくる「事例」は、セールス不要の法人営業ツールです。

制作の流れ

→ → → → → → → → → → → → → → → → → → → → →

1.

【無料】お問い合わせ

2.

【無料】on lineにて依頼主様と打ち合わせ

3.

【無料】クライアント様に取材の了解を得る

4.

取材日の決定
~訪問
(on line対応も可)

5.

初校~最終確認

6.

納 品

よくある質問 FAQ

質問1.
Q
チラシのように数多くまかないと反響がないのでは?
A

数にこだわるよりも、届けたい相手に渡すことが大切です。
そして、この事例は「推薦状」のようなものなのです。
数多くばらまかれた推薦状がその役割を果たさないように、
数ではなく、「必要な人」「迷っている人」にこそ渡してください。

質問2.
Q
営業トークは必要ないとのことですが、本当でしょうか?
A

全くしゃべらないでポストに投函するようなモノでもなく、かといって多く語った後に渡すものでもありません。
普通に挨拶をし、名刺交換をして軽く雑談を交えた後に「お時間ある時に目を通してください」と、一言添えて渡すのです。

あなたの人柄が伝われば充分です。
多くを話し過ぎると「結局、売り込みか・・・」と逆効果になってしまいます。

質問3.
Q
広告宣伝のチラシや会社案内などと「事例」はどう違うのでしょうか?
A

チラシや会社案内は自分で自分のことを伝えます。 一方「事例」は、クライアントであるお客さんが価値や良さを伝えます。

自薦なのか他薦なのかの違いです。 
もっとわかりやすく言えば、Amazonや楽天で買い物をする時、レビューや★の数が気になるように、他者の評価は契約を結ぶ場合、大きく影響するものです。

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ

お問い合わせフォーム