コーチ 伴走支援 アドバイザー

お店が苦しい時にこそ「A4」1枚アンケート広告作成アドバイザーの存在が必要

先日の大学駅伝を見ていると駒澤大学の圧勝

常勝の青山学院も優勝を逃したとはいえ安定感があります

駅伝にしろ、先のプロ野球日本シリーズにしろ優勝するチームには名監督や名コーチの存在があります

では店舗経営の場合はどうか?といえばどうでしょうか?

一人で監督からコーチ、そして選手というプレイヤーまでこなさなければいけない中小の経営者

やはり監督とはいわなくても、コーチやトレーナーの存在は必要という事を本日はお伝えします

1.苦しい時にこそ必要なコーチの存在

コーチと言えばスポーツの世界では監督の指示を伝える存在です

一方、会社経営の場合、個人や法人問わず聞かれる言葉がコーチング

コーチはCOACHというブランドバックのログにもなってますが馬車で引っ張ると言う意味があります

つまりコーチとは何らかの理由で本来の調子を失っている場合にもとのいい状態にまで戻してあげるのがコーチの存在であり、その手法がコーチングと言えます

コーチ アドバイザー 本来の姿 調子を戻す

2.何故お店が苦しい時に「A4」1枚アンケート広告作成アドバイザーが必要なのか

コーチの存在と同様に、何らかの理由(競合の出店、人の流れが変わったなど)で売り上げや利益がさがった場合に我々の存在が必要です

「コンサルタントの人でもいいんじゃないの」と思われる方もいらっしゃるでしょう

ですがコンサルはその人の経験や手法により成果に違いがでます

さらに本を何冊も出版している知る人ぞ知るような名前の通ったコンサルタントは忙しいですし、コンサルフィーつまり費用が馬鹿になりません

(一回のコンサルティングが20万円以上)

しかしながら我々は「A4」1枚販促アンケートやマンダラ広告作成法の考案者である岡本達彦先生の手法と特許をとった独自のコンテンツやツールを使えます

さらにお客さん、それも実際に商品・サービスを購入されたお客さんの声や購入に至ったきっかけや心理状況をチラシやWEBに活かします

そのことで見込み客の方の不安を解消しビフォーアフターが頭の中でイメージできることで購入へと繋げていきます

まだ自社の商品サービスを知らない人を新規客として迎え入れることでき、顧客リストをきちんと持ってさえいればリピート対策も充分可能となります

特許 WEBコンサルシステム PDCA

3.売れない理由を気づかせてくれる存在

自分のことは自分が一番わかっているようで実はわかってないとも言います

これは自分のお店や提供しているサービスについても同様です

そしてスポーツで言えばスランプの時、フォームのやタイミングのちょっとしたズレやコンディションを整えてくれ本来の状態に戻してくれるのがコーチの役割です

我々「A4」アドバイザーも売れない原因よりも本来の強みにスポットライトをあて自信と選ばれている理由を再認識してもらいます

売れない原因とは往々にして本来の強みを忘れ、値引きの広告宣伝に終始し、悪いところを直すことばかりに気をとられている場合が多いのです

ピックアップ記事

ピックアップ記事がありません。

関連記事

  • 理念とこだわり
自分の過去を振り返り見えてきた三現主義

今まで何度か「三現主義」についてお伝えしてきました 三現とは現場、現物、現実であ […]

  • 求人広告
  • チラシ
売れないチラシと応募者ゼロの求人広告の共通点

考えてみれば社長になる為の、また経営者を育てる組織や団体はありますが、ほとんどの […]

  • 飲食店
弱者の立場に立つ

お問合せページへのバナー画像

プライバシーポリシー