改善よりも強みを生かす~読んでもらいたい一冊の本

読書の秋・・・と言ったわけではありませんが、岡本先生の本を読みました

最新刊ではありませんが、協会も先生自身もあまり推奨されてない??というと語弊があるかもしれませんが、私にとっては一押しの一冊となりました

それが お客さんに聞くだけで「売れない」が「売れる」に変わるたった1つの質問(岡本達彦著/ダイヤモンド社) です

黄色本「A4」1枚で利益を5倍にする方法(Amazon上陸15年で売れた本のベスト50冊にランクイン)

ちょうど1年前の2021年9月に出版された最新刊のオレンジ本「A4」1枚チラシで今すぐ売上をあげるすごい方法/マンダラ広告作成法

この2冊がいわゆる既存客にアンケートがとれる場合(黄色本)と新商品サービス向け(オレンジ本)が双璧と呼べる本です

a4アンケートで利益5倍のページトップ画像

あらゆる販促媒体、つまりチラシであったりA看板とか店内POP、ホームページやランディングページなど様々な展開できます

前置きが長くなりましたが、私がおススメする今回のお客さんに聞くだけで「売れない」が「売れる」に変わるたった一つの質問(紅白本)についてお伝えします

1.売る為のエッセンスが凝縮された手法

この本はベストセラーとなった黄色本(「A4」1枚アンケートで利益を5倍にする方法)の2冊目として書かれた本です

アンケートがイイとわかっていても「とりにくい」「アンケートをつくりにくい」といった現場の声を補う手法として書かれたものです

私がおススメする一番の理由としては飲食店などで5つの質問をA4用紙に書いてもらう時間はあるようでないのが現状です

そんな時、会計時のレジでたった一つの質問を聞くだけでいいのです

ちなみに「A4」1枚アンケート5つの質問とは下記です

①商品サービスを購入する前にどんなことで悩んでましたか?
②何でこの商品サービスを知りましたか?

③商品サービスを購入する前に不安はありませんでしたか?
④購入の決め手となったのは何ですか?
⑤使ってみてどうでしたか?

この中の④の「決め手」のみを聞くのが紅白本の主な内容です

2.改善よりも強みを聞く

これは岡本先生が首尾一貫して言い続けていることでもあります

ほとんどのアンケートが改善点を聞く内容が多く強みをあぶり出せてないとのこと

先ほどの④の決め手をお客さんに聞く訳ですが、もう少し丁寧な言葉にすれば

他にも似たような商品サービスがあったにもかかわらず、何が決め手となって弊社の〇〇を選んでくれたのですか?

これを聞くだけです

飲食店なら「本日いろんなメニューの中で、何が決め手となってメンチカツ定食を選んでくれたのですか」と聞くのです

その答えをPOPや入り口のAスタンドに書けばいいのです

3.シンプルかつパワフル

一発の質問で自社の商品サービスの強みがわかる、こんなシンプルかつパワフルな方法が他にもあるでしょうか?

A4用紙に書いてもらえば、やはり10分程度は必要になります

しかし一発の質問は何分でしょうか? 1分もかかりません

業務の妨げにもならず、むしろやらない理由などないと言っていいものです

「A4」1枚販促アンケート広告作成アドバイザー協会では今回紹介した本を初心者向けと位置付けてますが、私はまずここからやって欲しいのです

ぜひ読書の秋に読んでもらいたい一冊

2時間半もあれば一気に読めます

ピックアップ記事

ピックアップ記事がありません。

関連記事

  • ブログ一覧
  • 成果にコミットする為の休日の過ごし方
からだの変化を数値で知る

朝起きてみたけど、なんとなくカラダがだるい そんな経験、だれしもあるのではないで […]

  • ブログ一覧
  • ワイアドの制作について
デザイン重視の広告やカタログチラシはつくりません

毎日新聞に折り込まれてくる広告(チラシ) スーパーからホームセンター、健康食品や […]

  • ブログ一覧
  • ワイアドの理念とこだわり
ワイアドが大切にしている3つのこと

実家に帰った時、母親が「最近は適度に雨が降ってくれるので畑に水やりの手間がなくて […]

プライバシーポリシー